top of page

本当は分かってなかったんじゃないの?

―――お子さんをご覧になってそう思ったことはありませんか?


「ちゃんと授業聞いてたの?」と聞きたくなってしまうのも無理はありません。

でも、お子さんにとって「その時は分かっていたのに…」というのは本当だったりします。


では、なぜ「分かっていた」のに「できなかった」のでしょうか?

答えは「忘れていたから」です。


人は次の日になると40%以上のことは忘れている、という統計結果もあります。

有名な『エヴィングハウスの忘却曲線』の数値を抜粋すると以下の通りです。


・20分後、42%を忘れている。

・1時間後、56%を忘れている。

・1日後、74%を忘れている。

・1週間後、77%を忘れている。

・1ヶ月後、79%を忘れている。


忘れないようにするには復習のタイミングがあります。

おすすめは以下の通りです。


・1回目は24時間以内

・2回目は1週間以内


「早く覚えるとすぐに忘れるから、テスト直前に覚える」という人もいます。

残念ながら、それではテストのときに覚えていても、終わったらすぐに忘れます。

「実力テストの成績が良くない」という人はこのタイプであることが多いです。


ちなみに、テストの後に「今ならできるのに!」と思う場合もあると思います。


なぜ思い出せたのか?

理由は、「テストのときに復習したから」です。






閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

受験シーズンです!

毎年この時期は大学入試・高校入試を迎え、受験生の皆さんと一緒に日々受験に立ち向かっています。 これまで頑張ってきたかどうかが試される日々です。 これまでのところ、受験生の皆さんの戦績は絶好調です。 大学受験も高校受験もことごとく「合格」を勝ち取ってくれています。 今後もこの勢いが続くよう、塾生の皆さんとともに頑張り続けます! そして、この時期になると毎年思い出すのは、 「人事を尽くして天命を待つ」

Kommentare


bottom of page